転職、不採用で落ち込む前に見直したい企業の探し方4つ

タカシ
転職活動をしているけどさ、不採用になってこれで10社目…さすがに落ち込むよ

働きマン
タカシくん、落ち込むにはまだ早いぞ!!落ち込んでいても転職は成功しない!

助手のキャリー

そうよ、きっとあなたには不採用になる原因があるのよ。落ち込む前に、やるべきことをしっかりとしないとね

働きマン
そうだ、キャリーの言うとおり、君には不採用になる原因が隠れている。まずは「企業の探し方」を見直すところから始めよう!

タカシ
企業の探し方??どうすればいいんだよ…教えてよ


いざ、転職をしようと思って面接を受けたとしても、なぜか落ちてしまう…ということもあるでしょう。何度も不採用通知がきたら、誰だって落ち込みます。ただ、落ち込んでいても前には進めません。不採用になるのには不採用になる原因が隠れています。

つまり、不採用になる原因を特定させることで、転職成功に一歩近づくということです。そのための方法が「企業の探し方を見直す」ということです。

では、今回は「何度も不採用になっちゃう…」という人が転職で成功するための企業の探し方を解説します。

◆目次
  1. 見直すべき企業の探し方4つ
  2. ①希望や条件を見直すべし
  3. ②受ける企業のホームページをチェックすべし
  4. ③思い込みや先入観を捨てるべし
  5. ④エージェントを活用すべし
  6. 最後に

見直すべき企業の探し方4つ

企業の探し方を極めることで、職場の不一致をなくし、自分が望む職場・仕事内容に就けるようになります。そもそも、自分が望まない結果になる転職ならする必要がありません。

例えば、「残業が多い…」という現職の不満があるのに、また同じように残業が多い職場に就くと意味がありませんよね。そうならないためにも、事前の企業の探し方は重要なのです。もし、あなたが不採用になるなら、それには原因があります。自分に合った企業を見極めるようにしましょう。

①希望や条件を見直すべし

働きマン
タカシくん、君は面接を受けたときに面接官の質問に正直に答えたかい?

タカシ

良い印象を与えたいから、正直にというよりは、面接官に気に入られそうなことを言ったよ

助手のキャリー

ダメ、パターンね

タカシ

え・・・

働きマン

君が感じた面接中のちょっとした「違和感」は面接官に見破られているぞ!もう一度、自分の望む希望や条件を見直そう!

面接に備えて相手の望むような回答を並べ立てて返すというのは、よく聞く話です。ただ、これこそが不一致の原因でもあります。例えば、貪欲に数字を追いかけるのが苦手なのに、面接官の「体育会系な営業ができるのか?」という質問に対して「はい、できます!」と回答しては不一致になってしまいます。仮に転職に成功したとしても苦しむ原因になるでしょう。

そもそも、そのときについた嘘は違和感となり表情に出ている場合もあります。その表情を見抜かれて不採用になることも考えられます。

あなたはまだ自分に合った企業を受けていないだけかもしれません。改めて、希望や条件を見直しましょう。その希望や条件が、転職活動の土台となります。もちろん、転職活動中に希望や条件が変わるのもOKです。

大切なのは、あなた自身の価値観を大切にして転職の目的(希望・条件)をしっかりと見直すことです。最後まで違和感なく選考を進むことができたのであれば、きっと転職を後悔することがない「望む企業に出会えた」と言えるでしょう。

◆ポイント◆

  • 面接時の違和感は面接官にバレている
  • 不採用になるのは自分に合った企業に出会えていないだけ
  • 自分の価値観で希望や条件を見直そう

②受ける企業のホームページをチェックすべし

働きマン

面接を受ける前に、企業のホームページはチェックしたかい?

タカシ

あ・・・・・・

助手のキャリー

これはチェックしていないわね・・・だから落ちるのよ!

働きマン

ダメだぞ!ホームページをチェックすることは必須だ!企業のホームページには信頼性が高い情報が掲載されているんだ!

転職希望者が意外と疎かにしがちなのが企業のホームページをチェックすることです。企業のホームページには、その企業の情報が書かれてあります。どのような企業か見極めるためには必ず目を通すべきです。

例えば、企業の理念や風土、経営者の人柄、求める人材、業績までもわかります。また、採用ページを作っている企業も多いです。ここには、福利厚生や就業時間、業務内容など求人情報も書かれてあります。

ホームページを眺めるだけではダメです。分析をしましょう。例えば、採用ページにある従業員の写真がイケイケすぎて自分には合わないかもしれない、新着情報の更新頻度から新しいことにチャレンジしている企業など、自分なりに深読みをしていきましょう。とくに、数字で書かれている業績や売上、従業員数などから、給与の相場を割り出したりするのもありだと思います。

また、経営者のメッセージを掲載している企業も多いです。経営者のメッセージは隅々まで読んで、自分と合う企業か見極める材料にしましょう。

◆ポイント◆

  • 受ける企業のホームページは必ずチェックしよう
  • ホームページには企業の信頼度が高い情報が掲載されている
  • ただ、眺めるだけではダメ!自分なりの解釈でも良いから分析をしよう

③思い込みや先入観を捨てるべし

働きマン

タカシくん、どのような業種を受けているんだい?その理由も教えてくれ!

タカシ

とりあえず、カッコ良さそうだからIT企業を受けているよ!業種は営業。理由は、何だか人と接するのが楽しそうだから。

助手のキャリー

え…本当にそれだけが理由で転職活動しているの?何だか、私あきれてきちゃった…

働きマン

キャリー、まあそう呆れないであげてくれ。タカシくんも一生懸命なんだ。タカシくん、転職活動するときは思い込みや先入観だけで行動するのは危険だぞ!

世間や他人のうわさ、ブランド志向というのは、誰だって気になるところです。IT企業がカッコイイというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、本当にカッコイイかどうかは別です。営業が楽しいという先入観を持っている人もいるかもしれませんが、本当に楽しいかどうかは別です。

転職活動をするときは、思い込みや先入観だけで行動しないようにしましょう。もっと視野を広げることが大切です。それは徹底した情報収集です。世間や他人のうわさは、一つの情報にすぎません。信頼度も低いものです。どんどん、信頼度のある情報を集めて分析をしましょう。

◆ポイント◆

  • 信じていい情報と信じてはいけない情報を見極めよう
  • 思い込みや先入観だけで行動しない
  • 徹底した情報収集が転職を成功に近づける

④エージェントを活用すべし

働きマン

もしかして、タカシくん。君は一人で転職活動をしていないかい?

タカシ

えっもちろん一人だよ。転職活動って孤独との闘いじゃん。そんなもんでしょ?

助手のキャリー
無知って本当に罪だわ。一人で悩んでもしょうがないじゃない!転職エージェントを使いなさい!

働きマン

決して、転職活動は一人でするものとは限らない!転職のプロを味方につけることで成功に近づくぞ!キャリーが言う「転職エージェント」を活用するというのも一つの手段だ!


自分に合った企業を探すのなら、転職エージェントを活用するのも有効的です。なぜなら、あなた個人だけで調べられる情報というのは限られるからです。転職エージェントによっては、社内の雰囲気などの内部情報を持っているエージェントもいます。

一人で悩んで失敗続きだった転職活動が、転職エージェントに相談したことで難なく成功したというのはよくある話です。

ただし、転職エージェントも人なので優秀な人もいれば、そうじゃない人も存在します。まずは、具体的なアドバイスができる転職エージェントに出会うようにしましょう。

以下、おすすめの転職エージェントをご紹介します。1つだけに登録するのではなく、複数(少なくとも2つ)には登録して、実際に転職エージェントに会って自分の価値観に合うエージェントかどうか見極めましょう。

▼登録すべき転職エージェントまとめ

DODA
特徴:転職者の多くが利用しており、膨大な求人数を抱えています。転職サポートも手厚く、どの層にもオススメできる転職エージェントです。

リクルートエージェント
特徴:DODAと同様に求人数が豊富です。充実のサポート体制と実績もあります。ただ、担当者の質には差がある模様。

マイナビエージェント
特徴:新卒サイトで有名なマイナビが運営するエージェントです。第二新卒や20代若手の転職に強いと言われています。

パソナキャリア

特徴:キャリアアドバイザーのレベルもよく高評価。女性の転職にも評価が高いのが特徴です。

ビズリーチ
特徴:ハイクラス向け、現在年収が500万円を超えている方限定の転職スカウトサービスです。

どこの転職エージェントに登録するか迷う人は、案件数と実績で信頼のおける「DODA」に登録をしつつ、案件数は劣るもののキャリアアドバイザーの評判もよい「パソナキャリア」か「マイナビエージェント」に登録をおすすめします。

転職エージェントは味方になってくれます。相談するときは、自分の素直な気持ちを打ち明けましょう。

転職エージェントの登録の仕方や見極め方、相談するメリットは以下の記事を参考にしてください。

転職すべきか…悩んだら転職エージェントに相談しよう【評判と選び方】

◆ポイント◆

  • 転職エージェントを活用しよう
  • 一人で悩むより転職のプロに相談したほうが成功しやすくなる
  • 複数のエージェントに登録して自分と合ったエージェントに出会おう

最後に

不採用になったからといって落ち込むには、まだ早いです。不採用になるのは、もしかすると自分に合った企業に出会えていないだけかもしれません。

募集要項だけを見て、企業を受けるのではなく、もっと徹底した情報分析が必要です。つまり、企業の探し方を見直すべきなのです。

企業の探し方を見直すことで、転職成功への道が開かれます。

「転職したいけど何すべき?」あなたに読んでほしい記事

ねこ

1.無料なのにめちゃくちゃ凄い自分を知る【無料診断テスト】

2.仕事の悩みは1人で悩まない使わないと損!転職エージェント

えっ!自分の”強み”を無料診断できるの?

1

あなたは自分の強みを自分の言葉で語れますか?「自分の強みを知っている人」と「自分の強みを知らない人」では社会人としても差が出てきます。

「自分の強みってなんだろう?」
「本当にやりたいことを見つけたい」
「自分の魅力がわからない」

と思う人は、ぜひ「リクナビNEXT」のグッドポイント診断を受けてみてください。転職に必須な「自己分析」はもちろんのこと、仕事にも役立つ自分の「隠れた強み」がわかります。

今すぐに転職を考えていない人でも、メールアドレスと簡単な基本情報の登録だけで無料で受けられるので、興味がある方はこの機会にどうぞ。

あなたの”強み”を確かめましょう!

「転職したいけど何すべき?」まずあなたに読んでほしい記事

ねこ

1.無料なのにめちゃくちゃ凄い自分を知る【無料診断テスト】

2.仕事の悩みは1人で悩まない使わないと損!転職エージェント

無料の【グッドポイント診断】がすごすぎる!あなたの強みを診断!

1 あなたは自分の強みを自分の言葉で語れますか?「自分の強みを知っている人」と「自分の強みを知らない人」では社会人としても差が出てきます。

「自分の強みってなんだろう?」
「本当にやりたいことを見つけたい」
「自分の魅力がわからない」

と思う人は、ぜひリクナビNEXTの【グッドポイント診断】を受けてみてください。転職に必須な「自己分析」はもちろんのこと、仕事にも役立つ自分の「隠れた強み」が5つもわかります。

今すぐに転職を考えていない人でも、メールアドレスと簡単な基本情報の登録だけで無料で受けられます。

人は先延ばしにした時点で絶対にやりません。いつだってチャンスを掴むのは即行動する人です。

今すぐ、あなたの"強み"を確かめましょう!

無料でグッドポイント診断を受ける
※すでに多くの人がやっています!

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

このブログと一緒によく読まれているブログ

  • 検索

  • おすすめの転職サイト

    リクナビNEXT


    転職情報サイトはたくさんありますが、やはり大手のリクナビには安心感があります。

    MIIDAS


    MIIDASでは、経験やスキル・能力から、マッチしている求人数(フィット求人数)や見込める年収(フィット年収)が算出され、今の自分の価値がわかる「市場価値診断」ができます。

    キャリコネ


    キャリコネ転職サービスは、その企業に勤める人があらゆる情報や内情を、赤裸々に口コミした内容を見ながら転職活動が出来るサービスです。

  • 免責事項

    本ウェブサイトに掲載されている情報、または本ウェブサイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、一切責任を負いません。詳細はこちら
ページTOP