転職時の面接で対策をしておきたい3つのポイントアップ必勝法!

転職時の面接について、
面接官はどのようなところを見ているのでしょうか。

今回は転職時の面接でポイントアップに繋がる必勝法を3つご紹介します^^

① 第一印象

採用面接時の第一印象が「7秒」で決まるとも言われているようです。

面接官も人間です。
第一印象があまりにも悪いと、マイナス評価となり、
落とされる可能性も充分に考えられます。

スーツはシワシワではないですか。
靴はピカピカに磨かれていますか。

表情も怖い顔をしているより、笑顔のほうが印象が良いです。

マナーや挨拶も心掛けて、第一印象で落とされないようにしたいです。
面接時には第一印象は、とても大切ですね。

② 退職理由はポジティブに!

不平不満を基に転職を決断した人も少なくないと思います。
面接でこの不平不満をストレートに伝えて、応募先企業に採用されるはずはありません。

もちろん、面接で嘘をつくのはダメです。

意識したいのは、
「ネガティブ退職理由→ポジティブ変換させる」
ことです。

例えば、
「人間関係が悪かった」というネガティブ理由なら、
「目標達成のために連帯感を持ち、活気ある環境の御社で働きたかった」
など、ポジティブ理由に変換させてみてください。

ネガティブな理由には、自分が望んているポジティブな
理由が隠れているはずです。

そこを面接官にはアピールしてみてくださいね^^

③ 自分に何ができるか

自分に何ができるか、どのように貢献できるか、
自信をもって面接官に伝えられますか。

面接官が気になるところは、
「なぜこの会社を志望したのか」=[志望動機]
「会社にどのように貢献をしてくれるか」=[自己PR]

です。

前職で何をしてきたのか、自分には何ができるのか、
自分のキャリアや経験や強みを要約した上で、
自分が会社に貢献できるアピールが必要です。

コツは、
自分の実績やノウハウを交えながら伝えることです。

最後に…

転職は、新卒の就職活動とは違うものがあります。
転職には、ある程度の即戦力を求められることもあるからです。

面接官は、応募者が会社でどのような活躍をしてくれるか真剣に見てきます。

面接官(または転職先の人たち)の気持ちになって、
どのような人なら採用したいか、ポイントを考えみてください。

大事なのは「面接官の立場に立って考える」ということです。

マニュアル本の受け答えだけでは、自分本来の良さは伝えられません。

ぜひ、しっかりと会社研究をして、あなた自身の長所を活かして何ができるか、
面接官の立場に立って考えた上で、採用ポイントをアピールしてくださいね^^

「転職したいけど何すべき?」まずあなたに読んでほしい記事

ねこ

1.無料なのにめちゃくちゃ凄い自分を知る【無料診断テスト】

2.仕事の悩みは1人で悩まない使わないと損!転職エージェント

【グッドポイント診断】がすごすぎる!「無料」であなたの強みを診断!

1 あなたは自分の強みを自分の言葉で語れますか?「自分の強みを知っている人」と「自分の強みを知らない人」では社会人としても差が出てきます。

「自分の強みってなんだろう?」
「本当にやりたいことを見つけたい」
「自分の魅力がわからない」

と思う人は、ぜひリクナビNEXTの【グッドポイント診断】を受けてみてください。転職に必須な「自己分析」はもちろんのこと、仕事にも役立つ自分の「隠れた強み」が5つもわかります。

今すぐに転職を考えていない人でも、メールアドレスと簡単な基本情報の登録だけで無料で受けられます。

人は先延ばしにした時点で絶対にやりません。いつだってチャンスを掴むのは即行動する人です。

今すぐ、あなたの"強み"を確かめましょう!


  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

このブログと一緒によく読まれているブログ

  • 検索

  • おすすめの転職サイト

    リクナビNEXT


    転職情報サイトはたくさんありますが、やはり大手のリクナビには安心感があります。

    MIIDAS


    MIIDASでは、経験やスキル・能力から、マッチしている求人数(フィット求人数)や見込める年収(フィット年収)が算出され、今の自分の価値がわかる「市場価値診断」ができます。

    キャリコネ


    キャリコネ転職サービスは、その企業に勤める人があらゆる情報や内情を、赤裸々に口コミした内容を見ながら転職活動が出来るサービスです。

  • 人気のブログ

    Sorry. No data so far.

  • 免責事項

    本ウェブサイトに掲載されている情報、または本ウェブサイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、一切責任を負いません。詳細はこちら
ページTOP