職場で評価が下がる?気をつけたい悪印象な3つの姿勢

職場で評価が下がる?気をつけたい悪印象な3つの姿勢

職場で評価が下がる?気をつけたい悪印象な3つの姿勢

コミュニケーションにおいて、
姿勢が人に与える印象は大きいものがあります。

姿勢のみならず、人は第一印象でその人がどのような人なのか、
決めつけることがあります。

例えば、見た目が爽やかだと仕事ができそう、
無精髭で髪がボサボサだと仕事ができなさそう、
など人に思われることは充分にあります。

そこで、今回は職場で評価が下がる可能性がある
悪印象な姿勢3つをお伝えします。

今回は、無意識にやりがちな姿勢で、
尚且つ意識的に気をつけたい姿勢を書かせていただきます^^

頭が出た座り方

座った状態でパソコンやスマホを見る機会が多い人は
無意識にやっていることが多いと思います。

両肩が丸まって、頭が前に突き出した姿勢。

デスクワークの仕事に就いている人は
この姿勢になっている人が多いのではないでしょうか。

周囲の人からの評価が下がるのもありますが、
肩こりの原因にもなります。

これは自分も気をつけないといけないなぁと思っている姿勢です^^;

腕組で話す

この姿勢も見かけることがあります。

どうしても腕組をという姿勢は、威圧的な印象を与えることもありますし、
心理学では「防衛」という意味合いもあります。

つまり、相手のことを拒否反応していると捉えられることがあります。

コミュニケーションにおいて、この姿勢をしてしまうと
マイナスに働くリスクが高いと言えます。

下を向いて歩く

これも前かがみになっている猫背の人に多いのですが、
下を向いて歩くのも自信のなさを人に与える可能性があります。

実際に人は自信のなさや不安なときは、
無意識に下を向いて歩いていることがあります。

最後に…

人は中身が大切だと言われています。
冒頭にも書きましたがが、実際のところ人は第一印象で
相手のことを決めつけます。

自分の癖になっている姿勢が
評価を下げている原因の可能性はありえます。

逆を言えば、良い印象を与えることができれば、
人からの評価も上がる可能性は充分にあります。

たかが姿勢、されど姿勢……。

僕もあまり姿勢が良いとは言えないので
気をつけたいところです^^;

[ad#co-1]

「転職したいけど何すべき?」まずあなたに読んでほしい記事

ねこ

1.無料なのにめちゃくちゃ凄い自分を知る【無料診断テスト】

2.仕事の悩みは1人で悩まない使わないと損!転職エージェント

無料の【グッドポイント診断】がすごすぎる!あなたの強みを診断!

1 あなたは自分の強みを自分の言葉で語れますか?「自分の強みを知っている人」と「自分の強みを知らない人」では社会人としても差が出てきます。

「自分の強みってなんだろう?」
「本当にやりたいことを見つけたい」
「自分の魅力がわからない」

と思う人は、ぜひリクナビNEXTの【グッドポイント診断】を受けてみてください。転職に必須な「自己分析」はもちろんのこと、仕事にも役立つ自分の「隠れた強み」が5つもわかります。

今すぐに転職を考えていない人でも、メールアドレスと簡単な基本情報の登録だけで無料で受けられます。

人は先延ばしにした時点で絶対にやりません。いつだってチャンスを掴むのは即行動する人です。

今すぐ、あなたの"強み"を確かめましょう!

無料でグッドポイント診断を受ける
※すでに多くの人がやっています!

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

このブログと一緒によく読まれているブログ

  • 検索

  • おすすめの転職サイト

    リクナビNEXT


    転職情報サイトはたくさんありますが、やはり大手のリクナビには安心感があります。

    MIIDAS


    MIIDASでは、経験やスキル・能力から、マッチしている求人数(フィット求人数)や見込める年収(フィット年収)が算出され、今の自分の価値がわかる「市場価値診断」ができます。

    キャリコネ


    キャリコネ転職サービスは、その企業に勤める人があらゆる情報や内情を、赤裸々に口コミした内容を見ながら転職活動が出来るサービスです。

  • 免責事項

    本ウェブサイトに掲載されている情報、または本ウェブサイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、一切責任を負いません。詳細はこちら
ページTOP