時間や場所にとらわれない柔軟な働き方「テレワーク」

PAK58_MBAkatakata500

今、時間や場所にとらわれない柔軟な働き方「テレワーク」が注目されています。

注目されている要因には、
タブレット端末など通信機器の進化も影響しているのでしょうね。

時代にあった働き方を模索することも大事かと思いますので、
今回は、「テレワーク」について書いてみたいと思います。

時代にあった新しいワークスタイルを 考えてみるのもあり!?

▼そもそも、テレワークとは

今、注目されている「テレワーク」とは何でしょうか。

テレワークとは、情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。
※「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語
テレワークとは – 日本テレワーク協会

ITを活用して場所や時間にとらわれない働き方のことを「テレワーク」というようです。

また、テレワークは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、
モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つに分けられます。

・在宅勤務 自宅で仕事を行う(一般的に週1‐2回程度)
・モバイルワーク 外出先や移動中に仕事を行う
・施設利用 サテライトオフィスなどの施設を利用し仕事を行う

▼テレワーク利用企業が急増?

IT調査会社のIDC Japanは9月3日、国内テレワーク関連市場の分析結果を発表した。これによると、テレワークを利用する企業は増加傾向にあり、それに関するIT機器の売り上げも伸びているという。
IDC調査 – ITmedia エンタープライズ

国内のテレワーク人口もモバイルワーカーと同様に上昇する。2009年で1030万人、11年が1280万人、13年現在は1430万人となり、17年には1650万人に達する見通しだ。日本の労働力人口を6500万人と推計すると、4年後には25%がテレワークを行っている計算になる。
http://itnp.net/story/340

震災後に徐々に増加しているようですね。

▼テレワークのメリット・デメリット

在宅勤務のメリットはこうゆうところでしょうか↓↓


【メリット】
・無駄な通勤時間がなくなる。その時間を仕事に充てることができる。
・家族と過ごせる時間が増える。
・自分の業務に集中することができる。
・時差があるような海外の仕事もできる。

小さなお子さんをお持ちの方や、家族の介護が必要な方には
在宅勤務はすごくいい制度になると思います。

もちろん在宅勤務にはデメリットもあるでしょう。


【デメリット】
・上司、同僚とのコミュニケーションが不足する
・意志が弱いと仕事をサボってしまう。
・終了時間が特に無いため、長時間労働になる可能性がある。
・子供や家族に仕事の邪魔をされることがある。
・情報漏えいのリスク

メリットの裏返しにはなってしまいますが、
それなりに在宅勤務をするには仕事に対する強い意志が必要かもしれません。

どちらにしろ、企業側にとっても
今後、この「テレワーク」という制度が優秀な人材を確保したり、
生産性の向上など業績に影響がでてくるかと思います。

また、自分たちが
「テレワーカー」として柔軟な働き方を必要とするか、
今後の働き方を模索する一つの考え方として捉えるのもありですね!

【働き方のヒント】□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
★時間や場所にとらわれない柔軟な働き方「テレワーク」が注目されている♪

★今後も「テレワーク」が増えるかもしれない♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

[ad#co-1]

「転職したいけど何すべき?」まずあなたに読んでほしい記事

ねこ

1.無料なのにめちゃくちゃ凄い自分を知る【無料診断テスト】

2.仕事の悩みは1人で悩まない使わないと損!転職エージェント

無料の【グッドポイント診断】がすごすぎる!あなたの強みを診断!

1 あなたは自分の強みを自分の言葉で語れますか?「自分の強みを知っている人」と「自分の強みを知らない人」では社会人としても差が出てきます。

「自分の強みってなんだろう?」
「本当にやりたいことを見つけたい」
「自分の魅力がわからない」

と思う人は、ぜひリクナビNEXTの【グッドポイント診断】を受けてみてください。転職に必須な「自己分析」はもちろんのこと、仕事にも役立つ自分の「隠れた強み」が5つもわかります。

今すぐに転職を考えていない人でも、メールアドレスと簡単な基本情報の登録だけで無料で受けられます。

人は先延ばしにした時点で絶対にやりません。いつだってチャンスを掴むのは即行動する人です。

今すぐ、あなたの"強み"を確かめましょう!

無料でグッドポイント診断を受ける
※すでに多くの人がやっています!

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

このブログと一緒によく読まれているブログ

  • 検索

  • おすすめの転職サイト

    リクナビNEXT


    転職情報サイトはたくさんありますが、やはり大手のリクナビには安心感があります。

    MIIDAS


    MIIDASでは、経験やスキル・能力から、マッチしている求人数(フィット求人数)や見込める年収(フィット年収)が算出され、今の自分の価値がわかる「市場価値診断」ができます。

    キャリコネ


    キャリコネ転職サービスは、その企業に勤める人があらゆる情報や内情を、赤裸々に口コミした内容を見ながら転職活動が出来るサービスです。

  • 免責事項

    本ウェブサイトに掲載されている情報、または本ウェブサイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、一切責任を負いません。詳細はこちら
ページTOP