天職・適職〈自分のやりたい仕事〉は映画「メリー・ポピンズ」に学ぶ

天職・適職〈自分のやりたい仕事〉は映画「メリー・ポピンズ」に学ぶ

天職・適職〈自分のやりたい仕事〉は映画「メリー・ポピンズ」に学ぶ

週末にディズニー映画「メリーポピンズ」を見ました。

この映画は、

「やりたいことがわからない…」
「自分に合う仕事がない…」

そう感じる方にこそ見てほしい映画です。

『メリー・ポピンズ』ってどんな映画?

■あらすじ

1910年。ロンドンでも美しい桜通りに住むバンクス氏(デイヴィッド・トムリンソン)は銀行家で気むづかし屋。奥さん(グリンス・ジョーンズ)も婦人参政権運動に夢中で子供は放りっぱなし。乳母任せの子供たちは腕白ざかりで一向に乳母が居つかない。ある日、子供たちは自分の夢にぴったりの、優しくて、美しい、親切で若い乳母の条件を書いて父親に見せたが父は紙片をストーブに放りこんでしまった。それは煙突から空高く飛んでいった。翌朝、パラソルを開いた若い女性がフワフワ空からやってきた。子供の書いた紙片を持って。メリー・ポピンズ(ジュリー・アンドリュース)である。

さらに詳しくは メリー・ポピンズ | Movie Walker

なんと、この映画1964年に発表された作品で
今年で50週年を迎えるのですね!

ご存知通り、子供向けの作品です。

ただ、大人になった今だからこそ見てほしいと思い、
今回ご紹介させていただきますね^^

なんで子供映画を紹介するの…?

「メリー・ポピンズ」は歌って踊る楽しい映画と思われがちですが、
すごく奥が深い作品です。

僕も子供のときに見た印象と、全く違う印象を受けました。

この映画には、
「社会の厳しさ」、「困難の乗り越え方」、
「仕事のやりがい」、「人生で大切なもの」
を学ぶことができます。

少々ネタバレもあるかもしれませんので…^^

「社会の厳しさ」を厳粛な父バンクスから学ぶ?

子供たちの父バンクスは厳粛な銀行員です。

子供たちに
「社会は厳しいもの!」、「世の中は甘くない!」
と教えます。

僕たちの世界でも実際に社会に出てみると、
困難なことに直面することもありますし、
悩むこともあります。

父バンクスが言うとおり、
「世の中が甘くない」というのも事実です。

「世の中が甘くないのはわかった、じゃあどうすればいいんだ?」

そこで登場するのが、メリー・ポピンズです。

「困難の乗り越え方」をメリーから学ぶ?

とても好きなシーンで、
メリーが子供たちと散らかった部屋を片付けるシーンがあります。

散らかった部屋を見た、メリー・ポピンズはこう言います。

  どんな仕事も、楽しくやる方法があるのよ!
そのコツを見つければ仕事はゲームに!

歌と魔法で子供たちと片付けを始めるメリー・ポピンズ。

  苦い薬も、ひとさじの砂糖があれば簡単に飲めるように、
やりたくない事だって、考え方ひとつで楽しく変わる♪

100%やりたい仕事だけをしている人は
まず少ないと思います。

社会に出て働いてみるとやりたくないことを
やる必要もあるのだと気付かされます。

メリーの歌は、それを物語っていますね!

厳しい現実、困難な状況に直面したときにこそ、
視野を広げてみてください。

天職・適職に出会うためには、「やりたくないことを経験する」
そして、「やりたくない仕事をいかに楽しむか(糧にするか)」が大切だと思います。

それでも、やりたいことがわからなくて悩みの深みに陥ったらどうすか?
メリーの友人のバートが興味深い働き方をしています。

「仕事のやりがい」をバートから学ぶ!

メリーの友人バートは、何でも屋さんです。

ある時は大道芸人、ある時は絵描き、
ある時は凧を飛ばし、ある時は煙突掃除屋。

多くの仕事をしています。

天職に出会う人を見ていると、はじめから天職に出会えたという人より、
さまざまな職種を経験した後に本当にやりたいこと(天職)に出会う人が多いように感じます。

僕は、天職に出会うプロセスで、
「まずは試してみる!」ということが大切だと思っています。

それは、試してみないと、
自分に合っているかどうかなんてわからないからです。

頭だけで考えるのと、実際に経験するのは全く違います。

「好きかも…」、「やりたいことかも…」と思ったら、
少しからでも試してみる、これは大切なことかもしれません。

試していくと好きなことも嫌なことも経験していきます。
模索の上、「自分にやりたいこと」が少しづつ定まっていきます。

嫌なことにであったときは、バートの歌を思い出してみてください^^
バートは、このような歌を歌っています。

  狭くて暗い穴に入るからつらい仕事だと思うだろう。煙突掃除人は幸せ者。
煙突の穴は夢の世界への入り口。渦巻く煙が空にのぼる。煙突の中が僕たちの世界。

「人生で大切なこと」を映画から学ぶ!

この映画、最後まで見ていただくとわかりますが、
あの厳しいだけの父バンクスが、最後にはステキな父に変わります。

「社会の厳しさ」の中で成功することが大切か?

この映画からは最後まで見ていただくとわかりますが、
地位や名誉で成功するだけが人生ではないことが伝わってきます。

あなたにとって人生で大切なことは何か?
この映画を見た後にでも、ぜひ自分と向き合って考えてみてくださいね^^

最後に…「無邪気さと遊び心」

「メリー・ポピンズ」という映画は、50年も前に制作された作品です。
こんな素晴らしい映像を創る技術があったのかと、目を見張るものがあります。

難しいことを考えずに見ても面白い作品です!

映画から感じるのは「無邪気さと遊び心」。

大人につれて忘れがちなのが、無邪気さや遊び心です。

子供時代にはあった無邪気さや遊び心は
まだ自分の中にあると思います。

子供のときのような「無邪気さや遊び心」には
やりたいこと・天職のヒントが隠されていることもあります。

もし興味が湧くようでしたら、
大人になった今だからこそ、ぜひ観てください^^

きっと、「メリー・ポピンズ」から発せられる
ステキなメッセージが伝わってくるはずです!

時には肩の力を抜いて、
「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス!」
と口ずさみませんか?

▼Mary Poppins – Supercalifragilisticexpialidocious

[ad#co-1]

「転職したいけど何すべき?」まずあなたに読んでほしい記事

ねこ

1.無料なのにめちゃくちゃ凄い自分を知る【無料診断テスト】

2.仕事の悩みは1人で悩まない使わないと損!転職エージェント

無料の【グッドポイント診断】がすごすぎる!あなたの強みを診断!

1 あなたは自分の強みを自分の言葉で語れますか?「自分の強みを知っている人」と「自分の強みを知らない人」では社会人としても差が出てきます。

「自分の強みってなんだろう?」
「本当にやりたいことを見つけたい」
「自分の魅力がわからない」

と思う人は、ぜひリクナビNEXTの【グッドポイント診断】を受けてみてください。転職に必須な「自己分析」はもちろんのこと、仕事にも役立つ自分の「隠れた強み」が5つもわかります。

今すぐに転職を考えていない人でも、メールアドレスと簡単な基本情報の登録だけで無料で受けられます。

人は先延ばしにした時点で絶対にやりません。いつだってチャンスを掴むのは即行動する人です。

今すぐ、あなたの"強み"を確かめましょう!

無料でグッドポイント診断を受ける
※すでに多くの人がやっています!

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

このブログと一緒によく読まれているブログ

  • 検索

  • おすすめの転職サイト

    リクナビNEXT


    転職情報サイトはたくさんありますが、やはり大手のリクナビには安心感があります。

    MIIDAS


    MIIDASでは、経験やスキル・能力から、マッチしている求人数(フィット求人数)や見込める年収(フィット年収)が算出され、今の自分の価値がわかる「市場価値診断」ができます。

    キャリコネ


    キャリコネ転職サービスは、その企業に勤める人があらゆる情報や内情を、赤裸々に口コミした内容を見ながら転職活動が出来るサービスです。

  • 免責事項

    本ウェブサイトに掲載されている情報、または本ウェブサイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、一切責任を負いません。詳細はこちら
ページTOP