内向的な性格で劣等感が邪魔をするとき

内向的な性格で劣等感が邪魔をするとき

内向的な性格で劣等感が邪魔をするとき

人は何らかの劣等感を抱えていることがあります。それは、身体的なこと、勉強、運動能力、仕事など、これまで生きてきた環境で受けた影響によって、さまざまです。どうしても周囲と自分を比べてしまい、相手にはあって、自分にはないものを発見すると、それがコンプレックスになるのです。

また、内向的な性格ですと、この劣等感・コンプレックスが邪魔をして、生活にも支障をきたすことも少なくありません。内向的な性格の人は、悩みが内側へ内側へと考え込み、いつの間にか劣等感やコンプレックスというものが膨大に膨れ上がることがあります。

例えば、運動能力がなかったという劣等感が、運動ができないから見た目もよくない→見た目も良くないから異性からもモテない→モテる自信がないから人間関係も苦手→人間関係も苦手だから仕事もできない→仕事もできないから人生も楽しくない…などなど。(この辺で辞めておきます^^;)

このようにもともとの劣等感が膨れ上がり、生きるのが辛くなるなど生活にも支障をきたすことがあります。

では、どのように劣等感と向きあえばいいのでしょうか。
まずは、劣等感を(客観的に)チェックしてみてください。どのようなときに、どのようなことで劣等感を抱くのか。どのような人の前だと劣等感を抱くのか、など。そして、自分のコンプレックスを刺激されるような場面を想定して極力避けるようにするなどしてもいいかもしれません。

また、長年、劣等感に関する悩みを抱えていた人は、悩みが複雑になっている可能性があります。その状態は何らかの悪循環に陥っていることも考えられますので、できるだけシンプルにシンプルに考えるようにしてみてください。

劣等感が原因で身体的にも精神的にも病気になる可能性もあります。それほど放っておくと怖いことでもあります。だから克服することが大切ですが、劣等感を克服しようとするプロセスでは苦悩を感じることもあります。その時は無理をしないでくださいね。ここ大切です。

最後に、コンプレックスを口に出している人は本当に強い人だと思います。お笑い芸人さんなどを見ていると、自分のコンプレックスなどをネタにして笑いに変えています。本当に頭が下がりますね。自分の劣等感・コンプレックスを自分で口に出せるようになれば劣等感はほぼ克服したことになり、それが自分の個性にもなるのかもしれません。そのような人生も悪くないのではないでしょうか^^

[ad#co-1]

「転職したいけど何すべき?」まずあなたに読んでほしい記事

ねこ

1.無料なのにめちゃくちゃ凄い自分を知る【無料診断テスト】

2.仕事の悩みは1人で悩まない使わないと損!転職エージェント

無料の【グッドポイント診断】がすごすぎる!あなたの強みを診断!

1 あなたは自分の強みを自分の言葉で語れますか?「自分の強みを知っている人」と「自分の強みを知らない人」では社会人としても差が出てきます。

「自分の強みってなんだろう?」
「本当にやりたいことを見つけたい」
「自分の魅力がわからない」

と思う人は、ぜひリクナビNEXTの【グッドポイント診断】を受けてみてください。転職に必須な「自己分析」はもちろんのこと、仕事にも役立つ自分の「隠れた強み」が5つもわかります。

今すぐに転職を考えていない人でも、メールアドレスと簡単な基本情報の登録だけで無料で受けられます。

人は先延ばしにした時点で絶対にやりません。いつだってチャンスを掴むのは即行動する人です。

今すぐ、あなたの"強み"を確かめましょう!

無料でグッドポイント診断を受ける
※すでに多くの人がやっています!

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

このブログと一緒によく読まれているブログ

  • 検索

  • おすすめの転職サイト

    リクナビNEXT


    転職情報サイトはたくさんありますが、やはり大手のリクナビには安心感があります。

    MIIDAS


    MIIDASでは、経験やスキル・能力から、マッチしている求人数(フィット求人数)や見込める年収(フィット年収)が算出され、今の自分の価値がわかる「市場価値診断」ができます。

    キャリコネ


    キャリコネ転職サービスは、その企業に勤める人があらゆる情報や内情を、赤裸々に口コミした内容を見ながら転職活動が出来るサービスです。

  • 免責事項

    本ウェブサイトに掲載されている情報、または本ウェブサイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、一切責任を負いません。詳細はこちら
ページTOP