共感力を高めて人間関係を良好に築こう!

共感力を高めて人間関係を良好に築こう!

共感力を高めて人間関係を良好に築こう!

「職場のあの人がどうしても許せない…!」

「友達のあの言動が気に入らない…!」

今、このように誰かのことを批判したり、対立する立場だったりしませんか。

このような状況では、
どうしても人間関係はギスギスして険悪な状態が続きます。

今回は、ギスギスした人間関係を良好にしたいという人のために、
人間関係を良好にする「共感力」について書かせていただきますね^^

何かヒントにして明日からの人間関係に活かしてみてください!

そもそも共感力って何…?

一言でいうならば、共感力は

「相手の立場になって考えること」

です。

人には喜怒哀楽と感情の表現があります。

この共感力が高い人は、

「他人の気持ちがわかる」、
「他人のことを思いやれる」、
「他人の感情を汲み取れる」、

人だと言えます。

相手の感情に共鳴することは大切です。
また、相手の感情だけではなく、その裏にある相手の人が置かれる状況も汲み取り、
共感することが最適だと思います^^

では、共感力を高めよう!

ギスギスした人間関係の原因は、
極端に共感が乏しいことが考えられます。

相手を批判したり、対立することは
状況にもよりますが人間関係が悪化する可能性が高いと言えます。

そこで、

「共感力」

を高めてみませんか?

コミュニケーションには、
当たり前ですが「相手」が存在ます。

自分とは逆の「相手」の視点に立つことを意識してみてください。

もちろん、自分の話したいことを話すことも大切です。

ただ、相手が話すことについても相手の視点で立って考えてみると、
誠意あるコミュニケーションとなり、相手からも信頼されることでしょう。

それでも、相手の立場になんて立てない……、という人は、

「相手も話をよく聴く」

ことを意識してみてください。

テレビの討論番組で、
一方的に自分の意見を言って相手の話を聞こうとしない
偉い人を見たことはありませんか?

ディベートや討論では、もしかすると良い作用になるかもしれませんが、
普段のコミュニケーションで同じように相手の話を押し切って
自分の意見だけを言っていては良好なコミュニケーションは築けません。

コミュニケーションにおいて、もっとも大切になるのは、
相手の話をしっかりと聴くことです。

相手の話にしっかりと耳を傾けると、
相手の言いたいことも理解することでき、
共感をすることにも繋がります。

まずは、相手との会話があってこその「共感」です。

身近な人の話をしっかりと聞くところから、
「共感力」を高める練習をしてみてはいかがでしょうか?^^

[ad#co-1]

「転職したいけど何すべき?」まずあなたに読んでほしい記事

ねこ

1.無料なのにめちゃくちゃ凄い自分を知る【無料診断テスト】

2.仕事の悩みは1人で悩まない使わないと損!転職エージェント

【グッドポイント診断】がすごすぎる!「無料」であなたの強みを診断!

1 あなたは自分の強みを自分の言葉で語れますか?「自分の強みを知っている人」と「自分の強みを知らない人」では社会人としても差が出てきます。

「自分の強みってなんだろう?」
「本当にやりたいことを見つけたい」
「自分の魅力がわからない」

と思う人は、ぜひリクナビNEXTの【グッドポイント診断】を受けてみてください。転職に必須な「自己分析」はもちろんのこと、仕事にも役立つ自分の「隠れた強み」が5つもわかります。

今すぐに転職を考えていない人でも、メールアドレスと簡単な基本情報の登録だけで無料で受けられます。

人は先延ばしにした時点で絶対にやりません。いつだってチャンスを掴むのは即行動する人です。

今すぐ、あなたの"強み"を確かめましょう!


  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

このブログと一緒によく読まれているブログ

  • 検索

  • おすすめの転職サイト

    リクナビNEXT


    転職情報サイトはたくさんありますが、やはり大手のリクナビには安心感があります。

    MIIDAS


    MIIDASでは、経験やスキル・能力から、マッチしている求人数(フィット求人数)や見込める年収(フィット年収)が算出され、今の自分の価値がわかる「市場価値診断」ができます。

    キャリコネ


    キャリコネ転職サービスは、その企業に勤める人があらゆる情報や内情を、赤裸々に口コミした内容を見ながら転職活動が出来るサービスです。

  • 人気のブログ

    Sorry. No data so far.

  • 免責事項

    本ウェブサイトに掲載されている情報、または本ウェブサイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、一切責任を負いません。詳細はこちら
ページTOP