元リクルート藤原和博さん「3つの分野で100人に1人をめざす」

元リクルート藤原和博さん「3つの分野で100人に1人をめざす」

元リクルート藤原和博さん「3つの分野で100人に1人をめざす」

元リクルートで、杉並区立和田中学校校長を
務めたことでも知られる藤原和博さん。

そんな藤原和博さんがキャリアについて述べている書籍
藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」の一文をご紹介します。

これからのキャリアをどのように築いていきたいか、
考えたときに大変参考になると思います^^

3つの分野で「100人に1人」をめざす

藤原和博さんは、書籍の中でこのように述べています。

もし20代のうちに、ある分野で「100人に1人」になれたなら、30代でもうひとつの分野に挑戦して、2つの分野で「100人に1人」をめざしましょう。
それができたら、40代でまた別の分野に挑戦して、3つの分野で「100人に1人」をめざします。
ひとつの分野でプロになったら、そのままその分野を極めていくより、別の分野にスライドして、複数の分野でプロになる――。
それこそが、グローバル・スーパーエリート以外の一般ビジネスパーソンが生きる道だと私は思います。
なぜなら、あるひとつの分野で「100人に1人」になったあと、さらに「1万人に1人」「100万人に1人」をめざすのは非常に厳しい道のりだからです。

藤原さんは、

「100人に1人なら努力すれば誰でもなれる」

と話されています。

3つの分野で100人に1人の人材になることができれば、
そのときのあなたは100×100×100=100万人に1人の価値を持つということ。

「複数の分野を組み合わせて生きる」という発想です。

これは、僕も新入社員の頃、
前職の上司から教えてもらったことがあります。

まずは一つの分野で強みを見出す。

そしてもう一つの分野でも強みを見出す。

これができれば、
価値を持つ人材として必要される人物になると教えてもらいました。

その上司が、藤原さんの本を読んでいたのかは不明ですが、

藤原さんの一文を読んだとき、

新入社員の頃に上司に言われたことを思い出しました。

この「複数の分野を組み合わせて生きる」という発想は、
自分らしくキャリアを構築したい人のヒントになるのではないでしょうか?^^

photo credit: fore via photopin cc
[ad#co-1]

「転職したいけど何すべき?」まずあなたに読んでほしい記事

ねこ

1.無料なのにめちゃくちゃ凄い自分を知る【無料診断テスト】

2.仕事の悩みは1人で悩まない使わないと損!転職エージェント

無料の【グッドポイント診断】がすごすぎる!あなたの強みを診断!

1 あなたは自分の強みを自分の言葉で語れますか?「自分の強みを知っている人」と「自分の強みを知らない人」では社会人としても差が出てきます。

「自分の強みってなんだろう?」
「本当にやりたいことを見つけたい」
「自分の魅力がわからない」

と思う人は、ぜひリクナビNEXTの【グッドポイント診断】を受けてみてください。転職に必須な「自己分析」はもちろんのこと、仕事にも役立つ自分の「隠れた強み」が5つもわかります。

今すぐに転職を考えていない人でも、メールアドレスと簡単な基本情報の登録だけで無料で受けられます。

人は先延ばしにした時点で絶対にやりません。いつだってチャンスを掴むのは即行動する人です。

今すぐ、あなたの"強み"を確かめましょう!

無料でグッドポイント診断を受ける
※すでに多くの人がやっています!

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

このブログと一緒によく読まれているブログ

  • 検索

  • おすすめの転職サイト

    リクナビNEXT


    転職情報サイトはたくさんありますが、やはり大手のリクナビには安心感があります。

    MIIDAS


    MIIDASでは、経験やスキル・能力から、マッチしている求人数(フィット求人数)や見込める年収(フィット年収)が算出され、今の自分の価値がわかる「市場価値診断」ができます。

    キャリコネ


    キャリコネ転職サービスは、その企業に勤める人があらゆる情報や内情を、赤裸々に口コミした内容を見ながら転職活動が出来るサービスです。

  • 免責事項

    本ウェブサイトに掲載されている情報、または本ウェブサイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、一切責任を負いません。詳細はこちら
ページTOP