自己啓発から抜け出せない人が急増? 1.5歩前進して抜け出す方法

medium_534397063

いま、巷には
自己啓発書や自己啓発セミナーがたくさんあります。

どうやら、そこから
抜け出せない人がたくさんいるようなのです。

今回は、自己啓発から抜け出すには
どうすればいいか、考えてみたいと思います。

蟻地獄のような自己啓発から抜け出したいと思うなら1.5歩前進を意識してみる!

自己啓発書や自己啓発セミナーって
インターネットで調べるとすごくありますよね。

スキルアップや人生を変えたいと思った時に
自己啓発書はパワーをくれるような気がします。

だから、
自己啓発が悪いとは思いませんし、
むしろ人生を好転させる良いきっかけになると思っています。

中には、3日間でウン十万円のセミナーや
ひたすら罵倒され続けるセミナーなどもあるようです。
(実際には見たこともないですが、よく話に聴きます。。。)

自己啓発との距離感と見極めが大事だと思うのです。

自己啓発は、
そこから抜け出せなくなると、無駄にお金と時間だけを消費してしまいます。

自己啓発に取り組んでいる自分は、
何もしていない人より1歩前進していると思います。

確かに、
何もしていない人に比べると、自己啓発書を読んでいたり、
セミナーに通っていたりすることは能動的な行動だと思います。

ですが、
本を読むだけ、話を聴くだけで
満足しがちになります。

これは、
時間やお金、経験という面でももったいないと思うんですよね。

進んで自己啓発に取り組んでいる人は、
変化を求めていて、向上心もある人。

だからこそ、
そこから抜けだして新たな世界を見てはいかがでしょうか。

ちなみに、
抜け出すとは自己啓発を辞めることではありません。

いい距離感で
自己啓発と付き合っていくことです。

それでは、どうしたらいいのでしょうか。

それは、
1歩進んで満足せずに、1.5歩前進してみることです。

1.5歩前進するとは、「とりあえず行動」してみることです。

個人的に
この「とりあえず行動」がいいと思うですよね!

2歩目まで進もうとすると、
それなりに頑張らないといけない、失敗できないと
プレッシャーに感じてしまいます。

だから、
2歩目までもはいかないまでも、とりあえず半歩進んでみるぐらいで。

自己啓発中毒から抜け出して、
そろそろ行動してみるとまた違う世界が見えてくると思います。

【働き方のヒント】□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
★1.5歩前進を意識してみる!

★自己啓発との距離感を考えてみる!

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

[ad#co-1]

photo credit: Pensiero via photopin cc

「転職したいけど何すべき?」まずあなたに読んでほしい記事

ねこ

1.無料なのにめちゃくちゃ凄い自分を知る【無料診断テスト】

2.仕事の悩みは1人で悩まない使わないと損!転職エージェント

無料の【グッドポイント診断】がすごすぎる!あなたの強みを診断!

1 あなたは自分の強みを自分の言葉で語れますか?「自分の強みを知っている人」と「自分の強みを知らない人」では社会人としても差が出てきます。

「自分の強みってなんだろう?」
「本当にやりたいことを見つけたい」
「自分の魅力がわからない」

と思う人は、ぜひリクナビNEXTの【グッドポイント診断】を受けてみてください。転職に必須な「自己分析」はもちろんのこと、仕事にも役立つ自分の「隠れた強み」が5つもわかります。

今すぐに転職を考えていない人でも、メールアドレスと簡単な基本情報の登録だけで無料で受けられます。

人は先延ばしにした時点で絶対にやりません。いつだってチャンスを掴むのは即行動する人です。

今すぐ、あなたの"強み"を確かめましょう!

無料でグッドポイント診断を受ける
※すでに多くの人がやっています!

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

このブログと一緒によく読まれているブログ

  • 検索

  • おすすめの転職サイト

    リクナビNEXT


    転職情報サイトはたくさんありますが、やはり大手のリクナビには安心感があります。

    MIIDAS


    MIIDASでは、経験やスキル・能力から、マッチしている求人数(フィット求人数)や見込める年収(フィット年収)が算出され、今の自分の価値がわかる「市場価値診断」ができます。

    キャリコネ


    キャリコネ転職サービスは、その企業に勤める人があらゆる情報や内情を、赤裸々に口コミした内容を見ながら転職活動が出来るサービスです。

  • 免責事項

    本ウェブサイトに掲載されている情報、または本ウェブサイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、一切責任を負いません。詳細はこちら
ページTOP