「でも、しかし、いやそれは…」会話を否定から入る人は嫌われる??

「でも、しかし、いやそれは…」会話を否定から入る人は嫌われる??

「でも、しかし、いやそれは…」会話を否定から入る人は嫌われる??

「あの案件はこう進めようと…」 「しかし…」

「あの人はできる人だね?」 「でも…◯◯がね…」

「あのアイデアは…」 「いや…それは…」

あなたの会社・職場に、
何を言っても否定から入る人はいませんか?

gooランキングに、このようなニュース記事がありました。

■相手をイライラさせてしまう話し方ランキング
“話し方”は十人十色。いつも楽しく会話できる相手もいれば、「なぜかこの人と会話するとイライラするんだよなあ」という相手もいるのを実感している人も少なくないのでは? では相手をイライラさせてしまう話し方とは、いったいどんなものなのでしょうか。

最も多くの意見を集めたのは《否定から入る》でした。どんな話題であれ、会話をしていて「でも…」や「いやいや」など否定の言葉をいつも最初に持ってこられると、なんとなく良い気はしないもの。

参考:gooランキング
相手をイライラさせてしまう話し方ランキング

最終的に肯定はしてくれたとしても、
最初は「だけどね」とか「いや、それは」など
など、いきなり否定から入る人がいます。

その人の会話のクセだと思いますが、
この「会話をいきなり否定から入る」
というのは無駄に敵をつくりかねません。

この習慣が続いてしまうと相手の意見を取り入れなくて
独りよがりの考え方になります。

できることならば、否定から入るのではなく、
自分と意見が合わない部分があったとしても
まずは最後まで聞くように心がけると良いかと思います。

ハッキリNOと言えるのは良いことですが、
やはりケースバイケースです。

会話をスムーズに進めるためには、
反論したい気持ちがあっても、まずは話を聞いて受けとめること。
その上で、自分の考えを話すのが良いかと思います^^

[ad#co-1]

「転職したいけど何すべき?」まずあなたに読んでほしい記事

ねこ

1.無料なのにめちゃくちゃ凄い自分を知る【無料診断テスト】

2.仕事の悩みは1人で悩まない使わないと損!転職エージェント

無料の【グッドポイント診断】がすごすぎる!あなたの強みを診断!

1 あなたは自分の強みを自分の言葉で語れますか?「自分の強みを知っている人」と「自分の強みを知らない人」では社会人としても差が出てきます。

「自分の強みってなんだろう?」
「本当にやりたいことを見つけたい」
「自分の魅力がわからない」

と思う人は、ぜひリクナビNEXTの【グッドポイント診断】を受けてみてください。転職に必須な「自己分析」はもちろんのこと、仕事にも役立つ自分の「隠れた強み」が5つもわかります。

今すぐに転職を考えていない人でも、メールアドレスと簡単な基本情報の登録だけで無料で受けられます。

人は先延ばしにした時点で絶対にやりません。いつだってチャンスを掴むのは即行動する人です。

今すぐ、あなたの"強み"を確かめましょう!

無料でグッドポイント診断を受ける
※すでに多くの人がやっています!

  • ̃Gg[͂ĂȃubN}[Nɒlj

このブログと一緒によく読まれているブログ

  • 検索

  • おすすめの転職サイト

    リクナビNEXT


    転職情報サイトはたくさんありますが、やはり大手のリクナビには安心感があります。

    MIIDAS


    MIIDASでは、経験やスキル・能力から、マッチしている求人数(フィット求人数)や見込める年収(フィット年収)が算出され、今の自分の価値がわかる「市場価値診断」ができます。

    キャリコネ


    キャリコネ転職サービスは、その企業に勤める人があらゆる情報や内情を、赤裸々に口コミした内容を見ながら転職活動が出来るサービスです。

  • 免責事項

    本ウェブサイトに掲載されている情報、または本ウェブサイトを利用することで発生したトラブルや損失、損害に対して、一切責任を負いません。詳細はこちら
ページTOP